寄木細工の材料


寄木細工は、自然の木の色を組み合わせて模様を作ります。濃い色や薄い色、赤い色や黄色い色など、さまざまな木の特性が寄木細工の美しさに生かされています。



寄木細工の色 使われる木の種類
白色系 あおはだ・みずき・まゆみ・もちのき・しなのき・せん
黄色系 にがき・うるし・はぜのき・くわ・しなのき
淡黄系 にがき・まゆみ
褐色系 けやき神代・ウォールナット・マンソニア
灰色系 ほおのき・サンショウバラ(富士山の付近にだけ自生するバラの原種)・はおはだのしみ(あおはだの丸太を泥中に夏は1〜2週間、冬は1ヶ月漬けたもの)
黒色系 かつら神代・くろがき・くり神代・マンソニア
茶色系 あかくす・いちい・えんじゅ・かつら・くるみ・くすのき・くわ・けんぽ・なし・けやき・さくら・しなのき・ちゃんちん・もっこく・たぶのき・ナトー
赤色系 昔は赤く染めた木を使った。さくらの木を煮ると赤くなる。
緑色系 ほうのき・はりえじゅ